スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルニア治療記 その1

2017年11月12日
日曜の深夜3時

キャンッ

というバニラの悲痛な鳴き声で目を覚ましました。


バニラはヨタヨタ
廊下のトイレへ。

自分で排尿したものの
そのまま
トイレの脇に横たわり
動かないっ!

ヒュ〜ウ〜ン・・・ふゅ〜

という
消え入りそうな
今まで聞いたこともない声を出し
震えてます。

最初は
いつもの 発作か?
とも思いましたが
嘔吐も痙攣もなく

明らかに様子が違う!!


このままでは
もしかして 死んじゃうかも!!!

と思わせる程の辛そうな様子。

とりあえず バニラと部屋を暖め ←これが良かったようです。
(何となく バニラの体温が低いような気がして・・・)

朝まで
付きっきりで様子をみて過ごしました。


h_DSC_0455.jpg
ええ、心配しましたとも・・・。


休日深夜でも看てくれる動物病院を探しながら・・・

一応 自宅から一時間強の所に
夜間でも対応してくれそうな病院の存在を確認。
バニラの状態によっては
かけ込む覚悟で準備してました。


普段は田舎バンザイで生きてますが
こと 医療に関しては
犬でも 人間でも
田舎はキツいと思います。





時間の経過とともに
バニラの様子も落ち着いたので

休み明けの朝一番で
かかりつけの動物病院へ向かいました。




*****************************



深夜、不安で一杯の中 
いったいどんな病気なのか?なにかの中毒?

ネットでひたすら調べてました。

実はこの時点で
飼い主は「ヘルニア」という言葉がほんの一瞬頭を横切ったものの
後ろ足の麻痺もないし 排尿も自分でできたし
その可能性は低いと思ってました。
どちらかというと 内蔵の方の病気を疑っていたんですね。


そんな中
夜間病院にかけ込む選択をしなかったのは
・時間とともにバニラの様子が落ち着いてきたこと。
・車で1時間ほどの移動がその時のバニラにとって正解かどうか迷ったこと。
・薬のアレルギーや発作などあるので、いつもの病院のほうが安心なこと。

結果、バニラはヘルニアの初期だったので
今回の判断でもよかったのですが

緊急性が高い状況と思われた場合は
迷わず受診しよう!!


心に刻む経験でした。

次回へ続きます。


     いつもありがとです。お願い♡            
        ↓ここ
        にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ

         ⇑ だっくす1777
押すですよ~♡
      応援してっ♪ わん!
      押してくれるとバニラも踊る♡
      アラベスクっ♪


      上位ランキング確認だわん。
      わんこネタはこちらから
          ↓ 
      にほんブログ村
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

全記事表示リンク
諏訪の美しい自然と魅力を映像で     諏訪観光PR動画 !!
カテゴリ
松本山雅を応援しよう!
山雅1-1_convert_20120103213620
最新コメント
リンク
すべバニは、リンクフリーですわっ!リンクしてね。♡
バナーばに
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
fc2カウンター
プロフィール

juncci。

Author:juncci。
バニラ:ダックスフンド 8歳女の子
     好物 チーズ 肉
パパ:好物  米
ママ:好物  コーヒー

すべてがバニラを中心に回っていると信じている勘違い犬バニラとパパ・ママのブログ。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。