反町監督 スポナビから

スポナビ の記事です。反さんの思っていること。

2011年初頭の松田直樹移籍、8月の彼の急逝によって、日本中から注目を浴びることになった松本山雅FC。彼らは紆余(うよ)曲折を乗り越え、12年のJ2初参戦を果たした。だが11年途中からチームを率いた加藤善之GM(ゼネラルマネジャー)がS級ライセンスを保有しておらず、誰が後を引き継ぐのかが懸念材料になっていた。
 その大役を引き受けたのが、北京五輪代表を率いた反町康治監督だった。新潟、湘南を2度J1へと導いた経験を持つ日本サッカー界屈指の大物指揮官だ。彼ほどの実績を誇る人物がなぜ地方の小クラブへと赴いたのか。松本というプロの第一歩を踏み出したクラブで一体、どんな仕事をしたいのか……。就任直後の彼に単独インタビューを試みた。

■ゼロからのスタートを切るクラブ

――反町さんの監督就任に驚いたファンも多いと思います。改めて伺いますが、なぜこのクラブを選んだのですか?

 それは松本の大月(弘士)社長がおれを指名したから。何回も繰り返して言ってるけど、この仕事はオファーがないとできない。誘いを待ってる監督はたくさんいるのに、そういう人に限って、話があっても行かなかったりする。それで「仕事がない」って人に言ってるんだから、世の中ってのは不思議だな。
「少し休んで……」という選択肢がなかったわけでもないけど、もう少しこうしたい、トライしたいっていうアイデアが、寝る前や車を運転してる時なんかに次々とわき上がって来る。それが枯渇して全く出てこないっていうなら休んで刺激を受けた方がいいかもしれない。でもそうじゃないなら、現場で向上心を持ってやってた方がいいと思ったんだ。

――松本に対する具体的なイメージはお持ちでしたか?

 あんまりないな。ギリギリでJFLからJ2に上がった、スタジアムがあるなっていうくらい。アルウィン(松本の本拠地)では新潟時代に甲府と試合をしたことがある。「川中島の戦い」という触れ込みでやったことがあるでしょ。
 松本はそのスタジアムという大きなメリットを生かして昇格したよね。そして今年、プロクラブとしてゼロからのスタートを切る。おれ自身も監督になって10年がたったし、もう1回初心に帰るつもり。自分をリセットしてサッカーの根源をしっかりと見直して、やっていこうと思ってるよ。

――J2に上がったばかりのチームを率いるという意味では、新潟と重なる部分が多いのではないですか? 01年の新潟と12年の松本を比較すると?

 新潟の時は最初、2000~3000人の観客動員だったけど、松本は7000人も来てる。29日の新体制発表もまつもと市民芸術館でやったけど、5000人分のチケットが相当前に売り切れたと聞いてる。これは力強いし、ありがたいね。ただ、新潟もそうだったけど、そういう状況が日常になってしまうと熱が冷める。松本を散歩した時、飲食店のほとんどに山雅のポスターが貼ってあったけど、それをはがされないように日々努力をしないといけない。
 サッカークラブの力関係、ヒエラルキーというのは、相当努力しないと変わらない。専門誌の順位予想を見ると、ウチがJ1昇格プレーオフ参戦の6位以内に入ると予想してるのは1つもない。しかも降格候補だ。われわれは22位からの出発。だからこそ、できることもたくさんあると思ってるけどね。

――クラブの運営規模は6億程度になりますが、これは01年の新潟より多いですね

 Jリーグに参入したばかりのクラブにしては結構いい数字。水戸なんか今もまだ3~4億しかないし、町田もかなり苦しいという。資金面で今季のJ2を見ると、京都が断トツでわれわれの4倍くらいある。次いで千葉、横浜FC、徳島、福岡、山形あたりかな。湘南は2ケタ(10億)行ってない。山雅はJ2平均より下だけど、少しは可能性があると思うよ。

■当たり前のことが、当たり前じゃない。だからやりがいがある

――選手は昨季JFLを戦ったメンバーに、野澤洋輔、久木田紳吾、喜山康平、益山司ら数人を加えた31人体制になりましたが

 年齢構成は01年の新潟の方が上だった。ただ、今の山雅は選手獲得ラインが横浜FC、流通経済大、東京ヴェルディの3つしかない。加藤GMとヘッドコーチの柴田(峡)がその関係の仕事をしてたからだろうね。J1なら3人くらいいるスカウトがいないんだから仕方ない部分はある。新潟も04年にJ1に昇格するまで同じ状況だった。そこまで人件費が回るようになって、初めてプロとして強くなるんだと思うよ。

――今年の選手たちをざっと見た印象は?

 思ったより声が出るやつが多いし、ハードワークできるやつもいる。それはいいことだね。あとヤンチャなやつが多いな。

――木島良輔・徹也兄弟がその筆頭ですね

 羽目を外さなきゃ、おれはヤンチャなやつは嫌いじゃない。爆発する可能性を秘めてるからね。徹也の方は何かしら持ってる感じがある。昨季のJFL得点ランキングを見ると、上位に名を連ねているのは徹也1人。それ以外でゴール数が多いのはDFだ。タレントって意味ではかなり苦労するだろうね。

――選手たちの技術レベルはいかがですか?

 19日の始動から数日間の練習を見て思ったのは、イージーなミスが多いってこと。スキルの部分は京都、湘南の方が残念ながら高いね。最初のゲームだった22日の松田直樹の追悼試合でも、判断、攻撃、守備のスピードが足りないってことがよく分かった。
 具体的に言うと、ボールを奪ってワンタッチでパスすべきところで、1回止めてから出してる。それじゃ遅いわけだよね。あの試合なんかはそんなにプレッシャーが強いわけじゃないのに、時間をかけて2タッチでやったりしてた。JFLではそういう基準だったかもしれないけど、今はJリーグだからね。おれにとっては当たり前のことが、ここでは当たり前じゃなかった。だからこそ、やりがいがあるってことだ。


――それでも反町さんは新潟、湘南を昇格させた経験があります。特に湘南は10年もJ2にいて「中位のメンタリティー」が染みついていたのに1年でガラリと変えましたよね

 選手たちが持ってるもののレベルを引き上げることしかない。1日1センチずつ伸びれば全員で11センチになり、1週間で77センチ伸びていく。みんなが高いところまで到達すれば、全体の平均値も上がるからね。湘南の1年目はそれができたのかな。まあ、相手もマークしてなかっただろうけど(苦笑)

――松本もやりようによってはサプライズを起こせるのでは? 新潟も就任1年目の終盤、J1昇格争いに参戦しました

 新潟の時は途中からビッグスワン(※東北電力ビックスワンスタジアム)ができて、お客さんが入るようになったんで、お金が使えるようになったんだよ。それで外国人を取れた。最後にギリギリ上位争いができて4位に食い込めたのも、アンドラジーニャの存在がすごく大きかった。

――松本は当面、外国人補強の予定はないと聞いています

 まあしょうがない。本当はもう少しスリム化して、かけるところにお金をかけた方がいいと思うけど……。おれ自身、来年のことは保障されてないし、先のことは何とも言えないな。サッカーの監督は衆議院議員と一緒で3~4年のサイクルが理想だと思うけど。いずれにせよ、今年は土台作りをするとしか言いようがない。まずは中位に入れるように頑張るつもり。7~14位くらいだな。

――今季のJ2は京都が突出している印象ですけど、それ以外は実力的にかなり拮抗(きっこう)しているのでは?

 そうだな。今のJ2はボールポゼッションがほとんど5-5のイーブンだ。ウチはJFLから上がったチームだから、相手がボールを持ってる前提でチームを作る必要がある。保持率40パーセントか45パーセントで考えないといけないな。

 今は世界中がバルセロナのサッカーをまねする傾向が強い。だけど、あれはバルセロナしかできない。同じことをしていたらチームは崩壊する。自分たちの身の丈に合ったサッカーをしきゃいけないんだよ。
 かといって、守備一辺倒のチームを作る気は一切ない。守備も攻撃もやらなきゃ面白くないし、今のサッカーは両方できないとダメ。南アフリカワールドカップの後、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督も「一生懸命守ろうとしても失点する時代だ」と言っていた。だとしたら、自分たちから点を取りに行くような攻撃的姿勢を常に持っていなきゃいけないと思うよ。

 おれはシステムにはこだわりはない。新潟でも湘南でもかなり変えながら戦った。松本でも早くチームの戦術を構築したいね。あんまり欲張らずにやっていくつもりだよ。

■ここに骨を埋めるくらいのつもりでやっていく

――松本は新潟に行かれたころのように、環境面も整っていません。専用の練習場やクラブハウスもないですし、スタッフの数も足りない。そのあたりはどうお考えですか?

 環境面は湘南も決して良くないと思ってたけど、ここはもっと良くないことが分かった。天然芝は養生期間の問題があって春まで使えないって聞いてるし、人工芝も毎日使えるわけじゃない。野球場の外野や公園を使うことも出てくるだろうな。
 始動日翌日の1月20日と21日は、大雪で人工芝グランドが使えなくなった。21日なんかは朝からスタッフ総出で雪かきしなきゃいけなくて大変だったよ。22日の試合前なんか、選手たちが『久しぶりに芝生でできる』って喜んでたくらいだね。
 それでも、地元のニュースを見ると、松本市がクラブライセンス制度導入を念頭に置いて、予算を計上してクラブハウスと練習場を作ることを検討課題にするという話になってた。それが本当なら、新潟の最初よりはかなり進んでるとは思うよ。

――ただ、人工芝の練習が多くなると、ケガ人が続出しかねない不安がありますね

 楠瀬(章仁)なんか両ひざの半月板を痛めてるから厳しい。今後、そういう選手がもっと出てくるだろうな。フィジカルコーチのエルシオに来てもらったのは、少しでもケガ人を減らそうという狙いがあってのこと。湘南もエルシオが来てからケガ人が出なくなった。これから山雅もブラジル人選手も獲得する可能性もあるだろうし、彼がいれば礎を作っておけるというメリットもあるしね。

――流通経済大から根本雄一郎コーチを連れてこられたのも1つの注目点ですね

 映像担当だな。名古屋みたいにノーインフォで戦う力があればいいけど、分析して勝てた試合も今までいくつかあった。最低限のインフォメーションがないといけないと思ってる。クラブ側がそのための部屋を今年は用意してくれることになった。試合を見ながら「この場面を抜いてくれ」って作業を喫茶店でやるわけにはいかないしね。選手をケアする場所もできるし、少しずつ現場を取り巻く環境は良くなってるよ。

――アルウィンへのアクセスも問題ですが

 確かにそう。ホントに田んぼしかないところだからね。J1へ行こうと思うなら、そういう部分も改善しないといけないな。
 ただ、城福(浩=甲府監督)さんが「これからはプロヴィンチャ(地方の小クラブ)の時代だ」って言ってるのは同意できる。伸びていく可能性がまだまだあるからね。
 おれ自身もちょっと前まで都会が好きだったけど、松本は水も野菜もおいしくて空気もきれいだね。まあ正直、練習着を自分で洗うことになるとは思わなかったけど、キャリアっていうのは時々、そんな回り道もあるもの。やるからには、ここに骨を埋めるくらいのつもりでやっていくよ。

■新参クラブをどこまで引き上げられるのか

 反町監督ほどの輝かしいキャリアがあれば、J1のビッグクラブ、あるいは再び代表スタッフ入りも十分考えられたはずだ。しかし彼はあえてプロヴィンチャを選んだ。高年俸でもなく、選手も環境もそろっていない松本という場所で、初心に帰って再出発を切りたいという強い意欲があったからだ。

 サッカー監督は現場を続けてナンボ。現場にこそ新たな発見がある。そんな信念を持つ反町監督がJ2入りしたばかりの新参クラブをどこまで引き上げられるのか。大物指揮官のチーム作りとさい配を興味深く見守っていきたいものだ。


応援してっ♪ わん!
幸せクリック♡       ←小さな幸運を運ぶ?
いいことあるかも♪


br_decobanner_20120128062918.gif だっくす1777押すですよ〜♡
ダックス 茶   ダックス グレイ わん!わん!

上位ランキング確認だわん。
↓ 
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

全記事表示リンク
諏訪の美しい自然と魅力を映像で     諏訪観光PR動画 !!
カテゴリ
松本山雅を応援しよう!
山雅1-1_convert_20120103213620
最新コメント
リンク
すべバニは、リンクフリーですわっ!リンクしてね。♡
バナーばに
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
fc2カウンター
プロフィール

juncci。

Author:juncci。
バニラ:ダックスフンド 8歳女の子
     好物 チーズ 肉
パパ:好物  米
ママ:好物  コーヒー

すべてがバニラを中心に回っていると信じている勘違い犬バニラとパパ・ママのブログ。

QRコード
QR